新年の新聞ニュース

元旦の新聞をじっくりと読んでみました。
今年は社会的な大ニュースはなく、比較的平穏な正月のニュースになっていると思います。恒例の新年トップタビューなどはいろいろと紹介されていますが、際立って印象に残るメッセージが少ない気がします。そんな中で、教育をテーマにした、次の記事(2件)と広告が目につきました。

1)朝日新聞 教育とは
 次世代につなぐ試みを追う

2)朝日新聞 世論調査 
 子供の未来を 守りたい

3)経済は、理系を求めている (全面広告)
 教育力こそが、国力だと思う 広告主:ナガセグループ

最近は、仕事柄 大学教育の情報には敏感になっていることもあり、新年にあたり、将来を担う子供達の「教育」に関する情報に興味を感じました。また広告においても、"経済は、理系を求めている"というメッセージには共感しました。このような広告を出した、教育産業の会社に急に関心持ちました。

トップの意思が表現されているメッセージであれば、その経営者のセンスにも注目です。まさに日本は教育において、理系の人材育成をもっと強化をしていくべきだと思います。科学、技術において世界をリードできる人材を育ていく必要があると思います。

新サービス「ひよっ子アナのムービーレポート」の提供

PRクエストは、ティー・フォー・ティー(株)と共同でPR活動で動画の活用を支援するサービス「ひよっ子アナのムービーレポート」を12月6日より提供開始しました。

これは、PRでのYouTube、ソーシャルメディア活用をするのを支援するサービスで、アナウンサーを目指す大学生をレポーターに起用し、企業や大学・研究所の活動をフレッシュにレポートして、動画でわかりやすく紹介します。

ニュース風の紹介により、コマーシャルではなく、閲覧者に対して興味深い内容・構成で紹介する企画で、低価格にて提供します。取材・編集した動画レポートは、お客様に納品して自由に活用できますので、YouTubeでの配信他、自社のWEBや、営業ツール等として利用できます。

「ひよっ子アナのムービーレポート」プレスリリース
「ひよっ子アナのムービーレポート」の紹介

ぜひPRに動画を活用したいとお考えの方にお勧めいたします。

日本人のノーベル賞受賞のニュース

2010年のノーベル化学賞を日本人の科学者2名が受賞しました。2年ぶりとなる日本人のノーベル賞の受賞です。化学賞は2000年から3年連続受賞し、一昨年も受賞しています。

今回の鈴木章博士、根岸英一博士の受賞で、これで歴代で自然科学系で計12名の日本人が受賞しています。これは、21世紀の実績では世界トップ3に入ります。ノーベル賞が身近になった感もあります。

ノーベル賞(自然科学分野)の国別ランキング

今回の受賞対象は、日本が得意とする有機合成の分野です。クロスカップリングは、誰でも理解できる内容ではないですが、この有機合成の革新的手法「クロスカップリング反応」は、薬品や液晶、化学繊維の合成など使われれいる技術となっています。すでに、私たちの生活に身近な様々な製品の製造において活用されているものです。

今回の受賞の業績については、次の情報が参考になります。
・2010年ノーベル化学賞受賞・鈴木章名誉教授の業績について

今回の受賞は、日本人にとって励みになり、若者の科学やものづくりへの興味を刺激する効果も大いに期待したいものです。

今回、いろいろなニュースが報道されていますが、その中で、北海道大学名誉教授の鈴木章氏(80)の関して、次のようなに紹介している記事が目につきました。

・理系のあしたへ:北大ノーベル賞初受賞/上 宮浦憲夫特任教授
・理系のあしたへ:北大ノーベル賞初受賞/中 丹保憲仁・元北大学長
・理系のあしたへ:北大ノーベル賞初受賞/下 杉山滋郎教授

理系への関心が高まり、理系の道を歩む若い人が増えること期待したいものです。

創業から1年を迎え

2010年の夏は、記録的な猛暑の夏となっています。
そしてPRクエスト(株)は、まもなく創業満1年を迎えます。IT業界での企業広報の経験を経て、広報コンサルタントとして独立し、早1年となります。この1年、新たなに出会った企業や大学の方々にお世話になりながら、活動を進めてくることができました。

今まで長年IT業界の中で仕事をしてきましたが、この1年は大学、ものづくり、サービス分野など新たな分野のビジネスを経験することができました。ベンチャー企業は、創業の理念と将来の成長に向けた熱意を感じます。また大学では、将来のエンジニアを目指す学生さんたちに刺激を受けて、新鮮で興味深い経験をさせて頂いています。

今、日夜、様々なお客様とお会いする中で、広報活動の重要性が、ますます高まってるいることを実感しています。 インターネットや新たな情報発信は技術的に増えて、企業の情報発信の実施は敷居は低くなってきています。ただ一方で、情報が氾濫する中、効果的な情報発信や伝達は、むしろ難しくなっています。広告や宣伝は効かない時代と言われています。またマスメディアの崩壊と言われ、伝統的なメディアの世界が大きく変わる中、真に有効な情報を的確伝えるコミュニケーションの質が求められる時代を迎えています。

企業や、大学・教育機関、研究所など各種組織では、効果的コミュニケーションの展開が必要となっています。 PRクエストは、ビジョンと志のある企業や団体、そして将来性の高いベンチャーさんの活動を、効果的な広報活動で支援をしていきたいと考えます。

PRクエスト(株) 代表取締役 菊池泰功

日航機墜落から25年

毎年この時期になると、日航機の御巣鷹山墜落事故の慰霊祭のニュースが報道されるが、今年でもう25年も過ぎてしまったとは・・。この25年間で、飛行機の安全性は高まったのでしょうか。事故の本当の原因は解明されたのでしょうか。また、520人もの犠牲者が出た大惨事でしたが、その対策などは進んだのでしょうか。もし同様の墜落事故が今、起こった事故が起こったとしたら、救命活動はスムースにできて、犠牲者を減らせるのでしょうか。

新聞記事を見て、この事故を改めて考えさせられました。この事故は、日航のあのジャンボ機だけの問題だったのでしょうか。責任も日航だけなのでしょうか。改めて考え直す点が多いと思います。

私は幸い飛行機に乗る機会が少ないのですが、数年振りに乗る度に、無事に目的地へ着陸できるのだろうかと?不安を感じます。私がこの事故を忘れないのは、ちょうど当日に大阪から出張で来ていた会社の先輩の方が、東京での会議が終わって大阪へ戻った日で、事故の発生を聞いて、まさかあの便に乗っていなかったかと?安否が気になりました。幸いその日は、新幹線で帰ったことを聞いて安心しました。

この日航機の搭乗された方は、運命に左右されて犠牲になられましたが、ご冥福を祈ります。この事故の教訓が、活かされることが期待したいものです。

トヨタの社長がやっと会見

本日5日(金)の夜、記者会見が開催され、ようやくトヨタ自動車の豊田章男社長が会見をした。一連の問題において、豊田社長が公式に会見するのは、初めてであった。これは、遅すぎるのではないか?と感じる。もっと早く社長が登場して会見すべきだったのは明らかであり、広報対応に疑問を感じる。

・トヨタ社長が初めて謝罪 「販売台数より品質」と信頼回復誓う(MSN産経ニュース 2010.2.5 21:56)

そして、つい4日には、横山常務が会見し、ブレーキの不具合について、説明していた。そこで、「運転者の感覚と車の動きが少しずれている程度」と話していたが、そのコメントがとても気になった。これは、ユーザに対して、あなたの気のせい。と言っているように聞こえた。企業の姿勢を問われるような発言である。

今回のトヨタの一連の報道対応は、広報に関わる立場においては、とても気になる事態であり、よく検証すべだと感じる。株価も、米国でのリコールの1月22日からの10営業日以上、下落も続いていた。今回の事態は、企業の信頼に関わる問題であるという認識があったのだろうか?経営の責任者の社長が、いち早く登場して、直接自ら、状況報告すべき対応が必要であったと思うのだが・・・。
このような状況を見ると、企業経営における広報の重要が改めて問われる。

学生スポーツに見る監督の指導力

今この時期は、プロ野球やJリーグなど、プロスポーツはオフシーズンですが、正月から学生スポーツは、花盛りです。箱根駅伝に話しに続き、今回は、高校サッカー選手権大会を取り上げます。

私は、大のサッカーファンで、最近は高校サッカーの魅力にはまっています。昨年もグランドで何試合も応援していました。

今年優勝したのは、山梨学院大付属高校。決勝はなかなかの激戦でした。箱根駅伝でも、有名なあの山梨学院大学の付属高校です。今までサッカーでは無名でしたが、初出場で全国制覇の快挙です。

名将横森監督、悲願達成/高校サッカー

このチームの横森監督は、高校サッカー界では、有名な大ベテランの名物監督さんです。過去にも韮崎高を率いて、何度も準優勝は経験していましたが、今回が選手権初制覇でした。この横森監督の元に、全国から有力な選手が集まったことが勝因だったようです。また準優勝の青森山田にも、情熱的な黒田監督がいます。

両監督とも、とても熱心で厳しい指導をして高校生を鍛えてチームを作ってきました。選手はその監督の指導の元に逞しく育って感動的な試合をしました。特に高校生の場合は、指導者の影響は大きいですね。

さて、大人の世界でも、強い企業には、指導力に優れた「経営者」がいるものです。トップの理念と情熱、そして責任感が、社員を率いて企業の成長を大きく左右すると思います。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム